色々なスロー

様々なスローで、変化をつけてみましょう。遊びもいっそう楽しくなります。

フリスタや、他のゲームなどでも何かと使える、変則的なスローを紹介します。


カーブ (Curve)

カーブ 空中のディスクは、傾いた方向に流れていく性質を持っています。これを利用して軌道に変化をつけるのが、カーブスロー。

ハイザーまたはアンハイザーで、やや上方向にリリース。腕だけでなく上半身ごと傾けて、角度を作りましょう。その方が回転が乗りやすいです。

風の影響も加味しつつ、うまく相手に届かせてみましょう。

間に障害物を設定して、カーブで避けるなんていう遊び方も楽しいです。


ホバー (Hover)

ホバー 少し上をめがけて投げ、相手の頭上からフワーッとゆっくり降ろす投げ方。ノーズをやや上げ気味にすることで、推進速度が途中から和らぎます(カーブと同様の原理)。ただしノーズをあまり上げ過ぎると、逆方向に戻ってきてしまうのでご注意を。

相手にちょうど良く届く軌道を作るために、距離感のつかみ方、また風の読み方が大事です。

頭上からゆっくり下りてくるので、ネイルディレイで受けやすくなります。実際、フリースタイルではすごく多用されます。フリスタ的スローを体得する上でも、この基本的な感覚を身につけましょう。


スキップ (Skip)

スキップ 地面にわざとぶつけて、跳ねさせるスロー。

ハイザー30度くらいで下に向けてリリースし。回転に逆らうように、リムを地面に擦りつける要領で当てます。カウンターなら向かって右側、クロックなら向かって左側のリムを当てる格好になります(逆だと全然上手くいきません)。回転が強いほど、活きの良いスキップになります。

アスファルトなどの硬い地面のほうがよく跳ねます。草の深い地面は、クッションが効きすぎるので向いてません。

でも、あまりアスファルトにぶつけすぎると、アウターリムが傷つきザラザラに毛羽立ってしまいます。そうなるとキャッチ等がちょっと痛いので、ご注意を。


エアバウンス (Air bounce)

エアバウンス いったん沈んだディスクが空中でふわっと浮き上がる、快感なスロー。フリスビーやってる感の出るスローです。

ノーズ(進行方向)を上へ傾けながら、下に向けてダウンスイングします。ディスクの底面に空気を押しこむ感覚です。

両手で持った状態から始めるバックハンドがやりやすいです。両方の親指を使い、ディスクで空気をグッと下方に押さえつけながらリリースします。回転があるほど元気良くバウンスしてくれます。


インフリップ (Inflip)

親指をインナーリムに引っかけて、回転をかける投げ方。

真上へ飛ばすことも可能で、その場合は特に「ヘリコプター(Helicopter)」とも呼ばれます。

握り方

親指をインナーリムに引っかけ、残りの指でトップ面を握ります。人差し指はアウターリムに沿わせても良いです。

投げ方

インフリップ

  • スタンスは、相手に正対が基本。
  • 手首を巻きながら、ディスクを脇に引きこみ、腰をひねって後ろに引く。
  • 腰の回転を効かせてスイング。肘を先導にして内側に強く振りながら、ディスクをフラットに持ってくる。
  • 親指の押し出しを使って、回転を加える。

フックトサマー (Hooked thumber)

フリスタ的にはあまり登場頻度はないですが、キャッチアンドスローにちょっとした変化を付けることのできる、面白いスロー。主に親指の腹が力点になります。

握り方

親指を内側にしてリムをつまみます。親指と人差し指の間にリムが乗っかるように。

投げ方

フックトサマー

  • スタンスは、相手に横向き。
  • 手首を巻き、肘を曲げ、ディスクを肩に乗せる形、あるいは胸に抱きこむ形でテイクバック。腰のひねりも効かせて。
  • 腰の回転を効かせながらスイング。親指の押し出しで回転を加えてリリース。フォロースルーも十分に。

アップサイドダウン (Upside-down)

ディスクをひっくり返し、裏返しにした状態での投げ方。アングルが変化しながら、Sの字のような独特の面白い軌道を描いて飛んでくれます。

ディスクを逆さに持ち、アンハイザーでやや上に向けてリリースするのが基本。普通のスローよりはディスクが浮かないので、山なりの軌道にします。なので距離感の取り方も大事です。

フリスタ的には、受け手の手元でちょうどフラットになるような軌道を作れると、アップサイドのネイルディレイで受けやすくなり、楽しいです。

いろんな投げ方があるので、試してみましょう。

ハンマー

ハンマー サイドアームと同じ持ち方で、頭の上から投げます。このとき、ディスクは垂直でなく頭側に傾けて角度をつけるのがポイント。

アルティメットでは、山なりのパスによく使われます。またDDCでは、攻撃用のスローとして使われます。

バックハンド/チキンウィング

バックハンド/チキンウィング オーバーハンドの持ち方(バックハンドの裏返し)で、胸元に抱えるか、または反対の肩に乗せた状態から、バックハンドと同じ要領で投げます。アンハイザーで。

インフリップ

インフリップ バックハンドの持ち方で、そのまま投げる手と同じ側の肩の上に載せ、アップサイドで投げます。


© 2000-2011 Spins

spins@tokyo.email.ne.jp